今、僕はとてもガッカリしています。

なぜなら、「ウェブセールスライティング習得ハンドブック+レビュー」って検索したときに、ちゃんとレビューされているものが、あまりにも少なかったからです。

結論からいうと、「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」は本気でおすすめ出来る本です。ここまでセールスコピーライティングを体系的に解説している書籍は他にありません。

しかし、レビューしている人の中には、

読者
イマイチだわ〜・・・

という声もありました。

では、なぜ素晴らしい本なのに「良い評価」と「悪い評価」に別れたのでしょうか?

その原因がなんとなく分かったので、まずはそこから解説していきたいと思います。

「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」を酷評している理由は?

まず、初めに「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」をイマイチだと言っている人たちの意見を引っ張ってきました。

★☆☆☆☆(5つ星のうち1.0)
単に専門用語を解説しているだけの本

単に専門用語を並べて「○○とは○○と言う事です」程度しか書いてない。あとこの本には実際に著者が作成したDMやチラシ、メール、ホームページなどの作例は一切無い。多分、この本を買おうとしている人はそう言う物を作りたい人ではないでしょうか?

★☆☆☆☆(5つ星のうち1.0)
高評価のコメントはすべてサクラ

ステルスマーケティング。
高評価のコメントはすべてサクラですね。

★★☆☆☆(5つ星のうち2.0)
素人にもう少しわかりやすくして欲しい。

内容は順を追い、細かく説明されていて良心的だと思った。でも、カタカナの専門用語が多くてわかり辛い。巻末に用語説明をまとめて載せて貰えると前ページに戻って意味を探さなくても良くて便利と思った。

Amazonから引用

結構ボロクソ言われていますね・・・笑

まあ、否定的な意見をまとめると、この5つになります。

否定的な意見のまとめ
①専門用語を解説しているだけじゃない?
②素人にとっては難しい
③実例が無い
④高評価のコメントはサクラじゃね?!
⑤本を買った後に、高額商品の売り込みをされる

このそれぞれの意見に対して、僕の意見を書いていきたいと思います。

①、②の酷評に対する見解

まずは、

①専門用語を解説しているだけじゃない?
②素人にとっては難しい

についてです。

このような批評が生まれた一番大きな原因は「著者」と「読者」のミスマッチです。

「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」は、

  • 本気でセールスライターを目指している人
  • セールスレター(縦長いウェブページ)を書こうとしている人
  • のためのものです。

    ようするに、本の中身が「ブログの書き方や、魅力的な文章の作り方」っていうよりも「セールスレターの書き方」に特化しています。

    ですので、

  • アフィリエイトブログで活かしたい
  • これさえ読めば稼げるかも?
  • 文章を上手く書きたい
  • などと思っている人にとっては、この本はミスマッチになってしまいます。

    (もしあなたがアフィリエイトやブログで人を惹きつける文章を書きたいと思っているなら、この本よりも「現代広告の心理技術101」という本の方をお勧めします。

    そして、このミスマッチが原因で、「①専門用語を解説しているだけじゃない?」「②素人にとっては難しい」といった意見が出てきたんだと思います。

    そもそも、この本ではセールスライティングの書き方については、かなり網羅されています。

    どれだけ中身が詰まった本かというのは、僕が作ったこのマインドマップを見てもらえれば分かると思います。(スッカスカの本だったら、マインドマップなんて作ろうと思いませんしね…)

    このマインドマップを見れば分かるように、初歩的な部分から、発展的な内容まで、この本では解説されています。

    ですので、この本が難しすぎるとクレームを入れる人は明らかに勉強不足だと思います…

    「③実例が無い」に対する見解

    レビューには、

    読者
    ターゲットを絞って、ペルソナだけに刺さるマーケティングをすると、その他のお客さんを獲得できないんじゃないんですか?
    実例が全く載っていない・・・
    という意見がありました。

    確かに、この本の中で実例は出てきませんでした。

    しかし、ダイレクト出版のサイトやサービスをGoogleで検索すれば、”実例”なんていくらでも出てきます。

    ダイレクト出版自体が、このセールスライティングという力を使って、商品を売っている会社なので、このレビューはあんまり関係ないかな…と正直思いました。

    「④高評価のコメントはサクラじゃね?!」についての見解

    ダイレクト出版がサクラを使ったり、ステマしているかどうかは、僕には分かりません、、、

    しかし、読んでみた結果、この本は素晴らしいってことは事実です。

    しかも、この商品はダイレクト出版の”フロント商品”ですよ?

    フロント商品は、「集客商品」とも言われており、始めにお客さんに手にとって貰う商品です。

    このフロント商品がショボかったら一気に信頼関係が崩れます。そして、そんな馬鹿なことをダイレクト出版がするわけありません。

    なので、このフロント商品である『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』は寺本さんが本気出して書いた本だと思います。

    ⑤本を買った後に、高額商品の売り込みをされる

    「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」を買うと、「12週間セールスライティング通信講座 」という高額商材を紹介されます。

    レビューの中には、

    読者
    高額商品をセールスするなんてあり得ない!

    とプリプリしている人もいました。

    しかし、高額商品自体は、僕は悪くないと思ってます。ただし、”高い金額を払うだけの価値があれば”という条件がつきますが。

    クソみたいな商品を高額で売っているなら、流石に引きますが、良い商品を高額で売っているなら、別になんの問題も無いと思います。

    もしあなたが、家を買おうとしているとき、
    「家を買うのに数千万は高額すぎる!ありえんわ!」
って怒らないですよね?

    なぜなら、それだけの価値があるものだと分かっているからです。

    それと同じで、価値があれば、高額でも何も問題は無いと思います。(買うか買わないかは自由意志ですしね)

    ちなみに、この「12週間セールスライティング通信講座 」はいわゆるバックエンドと言われており、利益を出すための商材です。

    商品には大きくわけて、フロントエンドバックエンドの2種類の商品があります。

    それぞれの特徴や役割はこのようになります。

    フロントエンド…集客商材/金額安い

    バックエンド…利益を出す商材/金額高い

    今回でいうと、

  • 「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」はフロントエンド(集客商材)
  • 「12週間セールスライティング通信講座 」はバックエンド(利益を出す商材)
  • です。

    まあ、買うか買わないかはアナタ次第ですが、高額商品がオファーされるということは、覚えておいてください。

    そして、その時は、その場のテンションで決めずに、冷静に考えるようにしましょう。

    「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」を酷評するセールスライターは終わってる?!

    これまで、「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」はセールスレターを書くなら必読書だと伝えてきました。

    ぶっちゃけ、「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」が微妙だと言っているセールスライターは信じない方が良いかもしれません…

    だって、僕はこれまで

  • ダン・ケネディ
  • ジョン・カールトン
  • シュガーマン
  • ロバート・コリアー
  • ジョン・ケープルズ
  • ビル・グレイザー
  • デイビッド・オグルヴィ
  • 神田昌典
  • などなど、

    一流コピーライターが書いた書籍・セミナー・音声などでセールスライティングやマーケティング学んできました。(それに2年間、マーケティング会社で働いていた経験もあります。)

    それらを学んだ上で、「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」を読んだら、いかに分かりやすく論理立ててまとめられているかが分かります。

    特に第5章の「リサーチのやり方」なんて秀逸です。

    よく、なんちゃってセールスライターが情報商材でセールスコピーの書き方を教えていますが、リサーチのやり方ってしっかり教えてくれていない人はかなり少ないです。

    理由は言わなくてもわかりますよね…

    実際にあまりセールスレターを書いたことが無いからです。(書いたとしてもワンパターンのレターだからです)

    ですが、この「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」では、

  • どのくらいの時間リサーチするか?
  • 何についてどの順番でリサーチするか?
  • どうなればリサーチはOKなのか?
  • といったことが明確に書いてあります。

    ですので、もしあなたがセールスレターを書くときは、机の横に置いて、本を見ながら書くようにしましょう。

    実は初心者にも優しい「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」

    読者
    「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」って本気で、セールスライターを目指す人のものなんですね……

    とガッカリしたかもしれません。

    ですが安心してください。

    セールスライティングに興味を持っている人に対しても、オススメできます。

    なぜなら、セールスライティングの全体感が分かりますし、用語解説もしっかりされているからです。

    セールスライティングを学べば学ぶほど、マーケティングの重要性を感じます。

    そして、この本では、「マーケティングの1ピースがセールスライティングだよ」という全体感をしっかりと見せてくれています。

    また、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の初歩的な単語なども解説されてあるので、一通りはこの本を読めば問題ないです。

    あ、あとレビューで「専門用語ばっかりで難しい」と文句言っている人が居ましたが、こんなこと言っている暇があったら、Googleで調べて解決するようにしましょう。笑

    結論「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」は買うべきか?

    今まで長く説明してきましたが、もしあなたが、

  • アフィリエイトで報酬を上げたい
  • ブログを上手く書きたい
  • 文章で人を惹きつけたい
  • と思っているなら、「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」よりも、「現代広告の心理技術101」をお勧めします。

    しかし、

  • セールスライターになりたい
  • セールスレターを書きたい
  • セールスライティングに興味がある
  • と思っている人は、一読する価値は大いにあります。

    今まで、コピーライティングの教材、本、セミナーを100冊以上読んだ僕が保証します。

    あ、ちなみに本を買ったときに、アフィリエイト報酬が欲しいから、べた褒めしてるのではありません。

    そもそも、自分の信頼を数千円で売りさばくなんて、アホなことしません・・・

    セールスライターとして、お勧めできるから、そのように伝えているだけです。

    そして、購入はAmazonでも出来ますが、こちらの公式サイトで購入したほうが良いでしょう。

    理由は、2つあります。

    1. 30日間返金保証がついているから
    2. ステップメールやメルマガを参考にできるから

    まず1つ目ですが、ノーリスクで本を読むことができます。

    「マジでクソな本だな…」って思えば返金保証すれば良いだけですからね。

    そして2つ目の理由は、、、
    ステップメールやメルマガを参考にできるからです。

    ここまで読んでいる方はセールスライティングに興味を持っている人がほとんどでしょう。

    セールスライティングの仕事をする上で、メルマガを書くことは超重要です。なぜならリスト(見込み客)との信頼関係を築いていくからです。

    そして、このメルマガやステップメールでセールスができるようになると、かなりセールスライターとして引っ張りだこになります。

    ですので、公式サイトから購入して、毎日のメルマガや、セールスのメルマガを見て勉強してみてください。実例もこのメルマガやメルマガで紹介されている商品ページでたくさん見ることができます。

    もちろん、メルマガはすぐに解除できるので、そんなに構える必要もありませんが、良い勉強題材になると思うので、僕は公式サイトからの購入をお勧めします。

    そして、公式サイトにはセールス動画があり、セールスライティングについて解説しているので、買う前にチェックしてみてはいかがでしょうか?

    公式サイトでチェックしてみる

    さいごに

    現在、期間限定で、一人起業家(コーチ、士業、セラピスト、ヒーラー、コンサルなど)のための7ステップ動画講座無料で実施しています!

    こんなお悩みありませんか?

  • Facebook、LINE@、ブログなど、どれから手をつければ良いか分からない
  • ブログやFacebookで情報発信しているけど、反応が薄い
  • 独立したけど、売上が全然伸びない
  • 25万円以上の高単価商品を、売り込まずに自然に売れるようになりたい…
  • 売上を30万、50万、100万円と右肩上がりに伸ばしていきたい
  • 社会貢献しながら、お客さんを幸せにしながら、自分も豊かになりたい…
  • このどれか一つにでも当てはまるものがあれば、この無料講座は、”あなたのため”のものです。

    しっかりと利益を生み出し、集客を自動化させるまで7ステップを、動画で分かりやすく解説しているので、ぜひ7ステップ無料オンライン講座に参加してみてください!

    →7ステップ動画講座に無料で参加する!