今回の記事では、ビジネスの場面や、ブログで使える「プロフィールの作り方」について詳しく解説していきます。

  • 「見込客が反応するプロフィールが作りたい!」
  • 「どうやってプロフィールを作ればよいか分からない…」
  • 「仕事につながるプロフィールを書きたい…」
  • ↑こんな風にちょっとでも思っている方は、記事の中でテンプレートを埋めていくだけで魅力的なプロフィールが作れるようになっているので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

    それでは早速内容に入っていきましょう。

    なぜプロフィールページが重要なのか?

    そもそも、なぜプロフィールページが大事になってくるのでしょうか?

    その理由は、プロフィールページをちゃんと作っていれば、読者があなたのファンになってくれやすいからです。

    実際に僕の元には「プロフィールに書いてあった●●に共感したので、コンサルをお願いすることにしました!」って方も何人もいます。

    そのくらい、プロフィールをしっかりと作ることができていれば、自然とファンになってもらえるんですね。

    プロフィールの書き方を徹底解説【テンプレート付き】

    ここからは「プロフィールの書き方」について解説していきます。

    一見、難しそうに見えるプロフィール作成ですが、実際はすごくシンプルで、以下の6つのパートを作って、はめ込んでいくだけです。

    プロフィールの6つの構成要素

    このテンプレート通りに書いていくだけで、かなり魅力的なプロフィールが完成するので、ぜひ試してみてください。

    それでは詳しく内容に入っていきましょう!

    プロフィールの作り方 STEP1.
    「肩書き+名前」を載せる

    プロフィールの作り方ステップ1

    プロフィール作りの1ステップ目では、「肩書き+名前」を伝えるようにしましょう。

    (この「肩書き」に関しては、何の専門家なのかパッと見て、分かるようにしてください。)

    なぜなら、プロフィールページに訪れる読者は、あなたのことをまだ詳しく知らないからです。

    ほとんどの場合、↓こんな感じで、あなたのプロフィールページにやってきます。

    あなたの記事を読む

    「なんか良いこと書いてあるな〜」と思う

    「この人ってどんな人なんだろうか?」と思い、プロフィールページにやってくる

    ようするに、プロフィールページやってくる読者は、あなたのことを良く知りませんし、

  • どんなことをやっているのか?
  • 誰をどんな風に変えることができるのか?
  • といったことも分かりません。

    なので、「あなたが誰で、どんなことをやっている人なのか?」というのを一瞬で分かってもらうために、「肩書き+名前」を伝えることが大切なんですね。

    ちなみに、僕の例でいうと「世界一やさしい集客自動化」というのが肩書きです。

    プロフィールの作り方 STEP2.
    プロフィール写真を載せる

    プロフィールの作り方ステップ2

    プロフィール作りの2ステップ目では、プロフィール写真を載せましょう。

    なぜなら、プロフィール写真がサイトに載っていることで、読者は安心しますし、あなたのことを信頼してくれやすくなるからです。

    ちょっとイメージしてみてください。

    「プロフィール写真があるサイト」と「プロフィール写真が無いサイト」、あなたならどっちを信用しますか?

    おそらく「プロフィール写真があるサイト」のほうを信頼すると思います。

    写真は文字よりも圧倒的に情報量が多いのですし、写真があるだけで「安心感」や「信頼できる度」がUPするので、ぜひプロフィール写真を入れてみてください。

    田中くん
    写真じゃなくて、似顔絵とかでも良いんですか?

    草場
    プロフィール写真が無いよりかは、「似顔絵」でも載せたほうが良いでしょう。

    ただ、やっぱり一番良いのは「本人の写真」ですね。

    というのも、プロフィール写真を載せる”目的”は『お客さんに信頼してもらうため』だからです。

    そう考えたときに、「キャラクターや似顔絵の画像」よりも、「本人の写真」のほうが安心できますよね。

    なので、顔出しするに抵抗がなければ、「本人の写真」を載せたほうが良いでしょう。

    田中くん
    なるほどですね!自分の写真を載せるときのポイントとかってありますか?

    草場
    プロフィール写真は、その仕事をやっているときの写真がオススメです。

    なぜなら、そのほうが「肩書き」や「コンセプト」と一貫性が保たれるからです。

    一つ例を挙げましょう。

    肩書きが「売上UPコンサルタント」なのに、プロフィールの写真が「ジャージで猫と遊んでいる画像」だったらどうでしょうか?

    すでに、あなたとの間に信頼関係が出来ている方なら、その猫と戯れる写真を見て、「ギャップ萌えや〜!」ってなるかもしれません。

    しかし、ほとんどの読者さんは信頼関係が出来ていない状態でプロフィールを見ることになります。

    そんな状態で、猫と戯れているプロフィール画像を見たら、「この人にお願いして、本当に売上が上がるのかなぁ、、、」と読者は不信感を抱いてしまいますよね。

    そうなると、”仕事を依頼される確率”がギュンっと下がってしまうので、変なプロフィール写真なら、載せないほうがまだマシです。

    いいですか?

    プロフィール写真を載せる目的は、読者さんたちが、その写真を見たときに、

  • あなたの肩書き・コンセプト」に対して信頼感や安心感が持てる
  • あなた自身」に対して、信頼感や安心感が持てる
  • こんな風に思ってもらうためです。

    なので、例えば、「ヨガインストラクター」なら、ヨガを指導している写真。

    コンサルタントならセミナーしているときの写真や、直接指導しているときの写真を載せるようにしましょう!

    プロフィールの作り方 STEP3.
    コンセプト+その根拠となる実績や経歴

    プロフィールの作り方ステップ3

    プロフィール作りの3ステップ目で、「コンセプトと、その根拠となる実績や経歴」を書いていきます。

    田中くん
    コンセプトってなんなの?

    草場
    コンセプトは一言でいうと『(誰)が、〇〇になれる企画』のことです。

    ライザップでいうと、『これまで痩せられなかった人が、確実に痩せることができる企画』というのがコンセプトですね。

    僕の場合は、『Webが苦手な一人起業家が、集客を自動化させることができる企画』です。

    このコンセプトは、

  • 「誰に」
  • 「どんなBefore→Afterを提供するのか」
  • という部分を明確にするようにしましょう。

    もし、「コンセプトってどうやって作ったら良いの?」と思った方は、こちらの無料講座の第2話で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてくだい。

    このパートでは、まず最初に、「誰に」「どんなBefore→Afterを提供するのか」というコンセプトを伝えます。

    そして、その後に、その根拠となる実績や経歴を”箇条書き”で書きましょう。

    なぜなら、あなたがいくら大きな声で「〇〇さんを、Beforeから、理想のAfterへ連れていってみせます!」と叫んだとしても、読者は信じないからです。

    例えば、僕のコンセプトは「Webが苦手な一人起業家が、集客を自動化させることができる」となっていますが、これを伝えただけだと「本当にできるの?」と読者は疑問に思うでしょう。

    だからこそ、僕のプロフィールには下記のような「実績や経歴」を書いているんですね。

  • 過去に200社以上のWeb自動化を支援してきた
  • 超激戦ジャンル(転職系)のブログを作成し、わずか1年たらずで2万PVまでブログを育てる。
  • 192人の少ないメルマガ読者に対して、30万円の商品を17本販売(売上510万円、成約率は約9%)
  • クライアントのマーケティング、ステップメール作成を代行し、7日間で1,170万円の売上を達成
  • 広告運用で費用対効果を2倍以上改善
  • この実績や経歴を書く時のポイントは、できるだけ「具体的な数字」まで書くということです。

    例えば、「たくさんの人をコーチングしてきた実績があります!」というよりかは、「2000人以上のコーチング実績!」というように数値化したほうが分かりやすいですし、インパクトがあります。

    ですので、あなたも「誰がどんな風になれるBefore→Afterか?」を伝えたあとに、その証拠となる「実績や経歴」を”箇条書き”で書くようにしましょう。

    田中くん
    実績や経歴で、あまり凄いものが無いんですが、、、

    草場
    深くヒアリングすると、誰でも必ず1つや2つは使える経歴があります。

    なので、自分で見落としてしまっちゃっているケースが考えられますね。

    もし仮に、本当に実績が無かったとしても、これから作っていけば全然問題ありません。

    誰でも初めはゼロからのスタートなので、今後、このプロフィールに載せることができる実績を作るように頑張っていきましょう!

    プロフィールの作り方 STEP4.
    基本情報

    プロフィールの作り方ステップ4

    プロフィール作りの4ステップ目で、ようやく年齢・出身・趣味といった「基本情報」を書いていきます。

    なぜなら、「出身地」や「趣味」などが読者と同じだった場合、親近感や共感を持ってもらいやすくなるからです。

    あなたは、出身地が一緒なだけで急に仲良くなった経験はありませんか?

    基本情報を箇条書きで書くことによって、これと同じ効果を得ることができるんですね。

    田中くん
    基本情報ではどんなことを書けば良いんでしょうか?

    草場
    基本情報は以下のようなものを書くと良いでしょう!

    「基本情報」の例
  • 年齢
  • 出身
  • 趣味
  • 休日の日の過ごし方
  • など。

    草場
    そして、そもそも、なんでプロフィールの一番初めに「基本情報」を載せてはいけないのか、分かりますか?

    ・・・

    ・・・

    ・・・

    真っ先に「基本情報」を書いてはいけない理由は、”プロフィールの冒頭”は多くの人が見る部分だからです。

    例えば、「売上UPコンサルタント」という肩書きをもっている人が、プロフィールページの冒頭で「趣味は可愛いネコと遊ぶことです!」なんて書くのは非常にもったいないです。

    というのも、プロフィールの冒頭では、読者さんと関係が薄い「猫の話」をするよりも、「あなたのコンセプトや、あなたを信頼できる理由」などを書いたほうが仕事につながる確率が上がるからです。

    なので、まず最初に『あなたが信頼できる理由・根拠』を伝えて、その後に基本情報などで『共感』を得るようにしているんですね!

    プロフィールの作り方 STEP5.
    共感ストーリー&想い

    プロフィールの作り方ステップ5
    プロフィール作りの5ステップ目では、「共感ストーリー&想い」を書いていきます。

    なぜ後ろに「共感ストーリー&想い」を持ってくるのでしょうか?

    その理由は、読者がプロフィールを読みながら思っていることは、極論を言ってしまえば「それって私にとってどんなメリットがあるの?」ということだからです。

    なので、あなたの涙のストーリーとかは、初めは興味がありませんし、冒頭で「私はこんな辛い経験をして、それを乗り越えて、こんな想いで仕事をやっているんです!」と熱く語ったとしても、読者はついていけません。

    しかし、、、
    初めにコンセプトや、それに基づく実績や経歴を伝えて、基本情報などを伝えていれば、『信頼』と『共感』の下地が出来ているので、読者さんに「この人の言っていることに耳を傾けてみよう」と思ってもらうことができるんですね。

    なので、最後のパートで「共感ストーリー&想い」をガッツリと書くようにしましょう。

    田中くん
    具体的にどんな構成で「共感ストーリー&想い」を書くのが良いのでしょうか?

    草場
    これについてはちょっと長くなってしまうので、次の章で詳しく解説していきますね!

    プロフィールの作り方 STEP6.
    オファーの提示

    プロフィールの作り方ステップ6

    プロフィール作りの6ステップ目では「オファーの提示」をしましょう。

    (オファーとは、「取引条件」のことです。)

    ブログやFacebookのプロフィールにしても、最終的には仕事につなげたいですよね?

    だったらプロフィールの最後には、必ず”オファー”を提示するようにしましょう。

    なぜならプロフィールを最後まで読んでくれた方はあなたに興味がある人だからです。

    こういったアツい人たちをみすみす逃してしまうのは、もったいなさすぎます。

    なので、最後に「メルマガ登録してください!」とか「LINE@に登録してください!」といったオファーを提示するようにしましょう。

    僕の場合は、「メルマガ登録してくれたら、集客自動化の動画講座を無料でお送りしますよ!」というオファー(取引条件)を提示しています。

    プロフィールで「共感ストーリー」を書く方法

    ここからは、上記のプロフィール作成テンプレートの「5. 共感ストーリー&想い」について、詳しくどうやって書いていくのか解説していきます。

    「共感ストーリー&想い」は以下の6ステップの流れで書くようにしましょう。

    1. 問題・失敗
    2. 〇〇と出会い
    3. 小さな成功
    4. 試行錯誤
    5. ブレークスルー
    6. 想い(理想の未来)

    図で書くと↓こんな風になります!

    プロフィール(共感ストーリー、想い)の書き方

    大ヒットしている映画のほとんどが、上記と同じ流れのストーリーになっています。

    例えば、「ハリーポッターと賢者の石」。

    初めは両親がいなかったので、叔父と叔母に酷い扱いを受けながら育てられていました。【1. 問題・失敗】

    しかし、ある日、ホグワーツ(魔法学校)から入学許可証が届きます。ここが魔法との出会いですね。【2. ◯◯との出会い】

    その後、無事にホグワーツに入学できたハリーポッターは、ロンやハーマイオニーと仲良くなったり、魔法界の人気スポーツである“クィディッチ”の選手に大抜擢されます。【3. 小さな成功】

    「賢者の石」の存在を知り、それを狙っている影に気づいたが、校長先生が不在だったため、自分たちでなんとか「賢者の石」を守ろうとする。【4. 思考錯誤】

    「賢者の石」を狙っている正体がウォルデモートだということを突き止めた。ハリーたちは、ボロボロになりながらも、ウォルデモートを倒す。【5. ブレークスルー】

    いかがでしょうか? なんとなくイメージがつかめましたか?

    ここからは、僕のプロフィールの「共感ストーリー」の例に挙げながら、それぞれ詳しく解説していきます。

    プロフィールで『共感ストーリー』の書き方1.
    「問題・失敗を書く」を書く

    プロフィール(共感ストーリー、想い)の書き方ステップ1

    『共感ストーリー』の作るステップ1では、まずはあなたが抱えていた問題点を書き出しましょう。

    これは、できれば「あなたの見込客が抱えている問題点」と同じものが良いです。

    僕の場合は、見込客は「独立したい人」や「売上UPを目指している人」なので、ブラック企業でヒーヒー言っていたときのエピソードを語っています。

    このパートでは、

  • この問題があることによって、どんな悪いことが起こったか?
  • この問題に立ち向かおうとしたけど失敗したこと
  • などを書くようにしましょう。

    プロフィールで『共感ストーリー』の書き方2.
    「〇〇と出会い」を書く

    プロフィール(共感ストーリー、想い)の書き方ステップ2

    『共感ストーリー』の作るステップ2では、「〇〇との出会い」を書きましょう。

    〇〇の中には、あなたが抱えていた問題を解決してくれたノウハウやメンターを書くのが、一番分かりやすいと思います。

    僕の場合、「コピーライティング(売れる文章術)」との出会いによって、状況が変わったと書いていますね。

    プロフィールで『共感ストーリー』の書き方3.
    「小さな成功」を書く

    プロフィール(共感ストーリー、想い)の書き方ステップ3

    『共感ストーリー』の作るステップ3では、「〇〇との出会い」があったことによって得られた「小さな成功」を書きましょう。

    僕のプロフィールの場合は、コピーライティングを学んだことがキッカケで「ブラック企業」を退社する決断ができ、初のクライアントも獲得することができたことを、書いています。

    プロフィールで『共感ストーリー』の書き方4.
    「思考錯誤」を書く

    プロフィール(共感ストーリー、想い)の書き方ステップ4

    『共感ストーリー』の作るステップ4では、「思考錯誤」を書きましょう。

    小さな成功体験は積むことができ、スキルが上がったり、仲間が増えたりしたけど、大きな問題が発生して、それに苦戦しているような状況を振り返ってみてください。

    その内容をリアルに書くことで、読者もあなたの文章に感情移入することができるんですね。

    ちなみに僕の場合は、「売上が頭打ちになって、極貧生活だったこと」を書いています。(もちろん実話です!笑)

    プロフィールで『共感ストーリー』の書き方5.
    「ブレークスルー」を書く

    プロフィール(共感ストーリー、想い)の書き方ステップ5

    『共感ストーリー』の作るステップ5では、「ブレークスルー」を書きましょう。

    具体的に解説すると、

  • ステップ4の「思考錯誤」をどんな風に乗り越えたか?
  • これを乗り越えたことによってどんなメリットがあったか?
  • といったことを盛り込むようにしましょう。

    僕のプロフィールの例でいうと、とあるメンターの方との出会いによって、ビジネスが一気に跳ねたと書いています。

    プロフィールで『共感ストーリー』の書き方6.
    「想い(理想の未来)」を書く

    プロフィール(共感ストーリー、想い)の書き方ステップ6

    『共感ストーリー』の作るステップ5では、「想い(理想の未来)」を書きましょう。

  • こんな人を一人でも多く救いたい
  • こんなことで苦しむ人を少なくしたい
  • なぜ私はこの仕事をしているのか?
  • どんな理想の未来にしたいのか?
  • といったことをこのパートでは書くようにしましょう。

    僕のプロフィールでは、今後、個人が活躍する時代になっていくので、個人が提供している素晴らしいサービスをちゃんと世の中に届けられるお手伝いをしていきたい!と語っています。

    プロフィールの作り方【まとめ】

    今回の記事では、ビジネスシーンやブログで使える「プロフィールの作り方」について解説してきました。

    以下のテンプレートに沿って、プロフィールを作ることによって、仕事につながるようなプロフィールが完成するので、ぜひ取り組んでみてください。

    プロフィール(共感ストーリー、想い)の書き方

    ただ、コンセプトがバチッと決まっていなければ、「誰に」「何を提供するのか?」ということが定まっていないので、プロフィールの内容がぶれてしまいます。

    ようするに、プロフィールページに統一感や一貫性が出なくなってしまうんですね。

    なので、もし、コンセプトが明確に作れていなければ、こちらの無料講座の第2話で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてくだいね。

    それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

    さいごに

    現在、期間限定で、一人起業家(コーチ、士業、セラピスト、ヒーラー、コンサルなど)のための7ステップ動画講座無料で実施しています!

    こんなお悩みありませんか?

  • Facebook、LINE@、ブログなど、どれから手をつければ良いか分からない
  • ブログやFacebookで情報発信しているけど、反応が薄い
  • 独立したけど、売上が全然伸びない
  • 25万円以上の高単価商品を、売り込まずに自然に売れるようになりたい…
  • 売上を30万、50万、100万円と右肩上がりに伸ばしていきたい
  • 社会貢献しながら、お客さんを幸せにしながら、自分も豊かになりたい…
  • このどれか一つにでも当てはまるものがあれば、この無料講座は、”あなたのため”のものです。

    しっかりと利益を生み出し、集客を自動化させるまで7ステップを、動画で分かりやすく解説しているので、ぜひ7ステップ無料オンライン講座に参加してみてください!

    →7ステップ動画講座に無料で参加する!