◆なぜ、売れるコンセプトを作ることが重要なのか?(0:35~)

◆そもそもコンセプトってなんやねん!?(1:39~)

◆コンセプトと一緒に知っておくべきマーケティング用語とは?(2:03~)

◆【図解】コンセプト、ポジショニング、USPの違いを徹底解説(2:34~)

売れるコンセプトの3つの条件(7:47~)

コンセプトを強化するための3つの方法(12:19~)

【3日間限定!読者プレゼント】
動画を見ていただき、
その感想を書いていただくと、

『読者の心に突き刺さる
 キャッチコピーの”6つの型”』

を無料でプレゼントいたします。

「人を動かすキャッチコピーを
 どうやって作るのか?」

について、具体的な事例を交えて
体系的に解説しています。

僕自身、この型を使っていますし、
ブログを書く時、メルマガを書く時に
大活躍すること間違いなしなので、

ぜひ、感想を書いて
手に入れてください!

→感想を書いてプレゼントを手に入れる!

今すぐ取り組んでほしい、2つのこと

以下の2つに関して、今すぐ取り組んでみてください。

今すぐ取り組んでほしいこと①
売れるコンセプトの条件を満たしているか確認しよう

あなたのコンセプトが以下の3つの条件を満たすかチェックしてみてください。

売れるコンセプトの3つの条件

1. そのサービスを利用したときのBefore→Afterが明確か?

2. そのBefore→Afterはお客様から見て、喉から手が出るほど欲しいか?

3. お客様から見てわかりやすいか?

「1. Before→Afterが明確か?」がクリアできていない場合:
「〇〇な人が、〜になるための企画」と一言で言えるくらいまで、コンセプトを落とし込みましょう。

「Before→Afterはお客様から見て、喉から手が出るほど欲しいか?」がクリアできていない場合:
お客さんのニーズやウォンツを把握する必要があります。

具体的にどうやって把握するのかというと、直接、見込み客となる人たちにアンケートすることをオススメします。

今後の動画で、解説解説していきますが↓以下のような感情について把握するようにしましょう。

  • どんな欲望があるのか?
  • どんな不満やイライラがあるのか?
  • どんなことに夜も眠れない恐怖を感じているのか?
  • 「3. お客様から見てわかりやすいか?」がクリアできていない場合:
    こちらも、見込み客に聞くのが一番です。

    「パっと理解できるかどうか?」「欲しくなるかどうか?」といったことをアンケートで聞いてみましょう。

    今すぐ取り組んでほしいこと②
    コンセプトを強化しよう!

    コンセプトをさらに強化するために、あなたのコンセプトに「以下の3つの要素」が盛り込めないか、考えてみてください。

    コンセプトを強化する3つの方法

    1. 簡単か?

    2. 早く結果が出るか?

    3. 新しさがあるか?

    これらすべてを盛り込む必要がありませんが、最低でも1つはコンセプトに盛り込むようにしましょう!

    これまでの7ステップオンライン講座まとめ

    【第1話】一人起業家が稼ぐための全体像
    【第2話】お客さんが自然と集まる “ヒットコンセプトの作り方”←今ココ
    【第3話】泣いて喜ばれる高単価商品の作り方
    【第4話】人を動かす”トリガー”ライティングとは?
    【第5話】アリ地獄式ステップメール
    【第6話】売り込まなくても、自然に売れるセールス
    【第7話】あなたが取り組むべき”集客手法”は?